Home » ご相談メニュー » 会計帳簿作成に関するご相談

記帳代行

最近では市販の会計ソフトで入力作業を行なっている経営者の方もたくさんおられると思います。しかし、帳簿作成は思ったよりも時間がかかるとても大変な作業です。できれば専門家に任せたいという方も多いのではないでしょうか。東海浜松会計事務所では、そんな経営者様のために本業に専念できる環境をご提案しています。

帳簿作成について相談したい

記帳をプロに任せることで本業に専念できます

忙しくて帳簿をつけている暇がない。
後回しにしていた大量の領収書をみてうんざり。
経理のことや帳簿のつけ方がわからない。
税金のことは良く分からないのでプロに任せたい。

こんな方には東海浜松会計事務所の記帳代行がおすすめです。
記帳代行すれば税務処理も簡単です。入金・出金・振替伝票を起こしていただく必要はありません。

1.領収書 2.請求書 3.通帳のコピーなど

をご用意いただくだけで、「損益計算書」「貸借対照表」「総勘定元帳」「仕訳日記帳」などを作成します。

記帳代行のメリット

スピーディーかつ正確な帳簿作成で事業への情報活用を促進

過去の処理実績より生まれた工程管理・品質管理により正確な帳簿を作成いたします。さらに、提携の専門家により、社会保険労務士相談、行政書士相談、経営相談、不動産相談など、専門的な事項の相談にも対応できます。経験豊富な経理のプロスタッフがスピーディに仕事を仕上げますので、結果が素早く手に入り、それをリアルタイムに事業に活かせます。

顧問契約について相談したい

顧問契約とは?

クライアントの情報や状況を適時に理解・把握して、年間を通じて、税務に関する代理人・スペシャリストとして税務署等への対応、クライアントの税務の管理、税務処理や節税のアドバイスなどを適切に行います。

会社の運営には、税務の問題が必ずと言ってよい程つきまとってきますので、企業活動しているほとんどの会社に顧問税理士がいます。顧問税理士を抱えることで、普段から税理士と連絡を取り合い、会社の状況を把握してもらい、税務処理を相談しながら企業経営を進めることができるメリットがあります。

顧問税理士と税務顧問契約することで、「税務の届出を忘れてしまった」「申告や納税の期限を忘れてしまった」「有益な税務の特例を知らなかった」などで、加算税等のペナルティが課せられたり、余分な税務調査が行われたり、余分な税金を支払ったり、有利な税務の特例が適用できなかったりすることを避けることができます。

顧問契約のメリット

税務署等への対応もお任せください

税務調査の際には、専門的な税務知識が必要で、何かとストレスがたまる税務署等との交渉の窓口を税理士に任せることができます。税務調査官との交渉をノンストレスで有利に運ぶことができ、また税負担を抑制することも期待できます。

また顧問税理士を抱えると、税務の問題があった際には、即座に税理士事務所に連絡をして相談することができます。税務顧問がいれば、誰に相談すればいいかを心配することはありません。電話帳で調べたり、インターネットで検索したり、誰かに尋ねる必要もありません。

東海浜松会計事務所では、代表社員税理士内山隆司と代表社員税理士竹内一登が、顧問契約締結時に所轄税務署に税務代理権限証書を提出し、御社の税務に関する公式な代理人としての届出を行っています。当社所属の税理士が御社をいつでも税務的な問題から保護いたします。

お問い合わせはこちら